心の病を吹き飛ばせ

鬱病の正しい治し方|ゆっくり時間をかければ完治する

治療方法の理解を深めよう

男の人

鬱病の治療を受ける時には、メリットやデメリットがあることを理解すべきです。病気で苦しんでいる本人はそこまで考えることは不可能です。家族が治療について正しい情報を理解することで、治療の効果を最大にすることが可能になります。

調子がおかしいと感じたら

カウンセリング

鬱病は早期に発見することが大切です。自分がいつもと違うと感じたら、早めに受診してみましょう。早期に治療を開始することで、いつも通りの生活を送りながら治療を受けることができ、完治させることも出来るようになります。

放置しないで治療をしよう

聴診器

鬱病は気の持ちようだと考えて放置してしまう方も多い病気です。しかし病気ですから、早めに診断し、治療を行っていくことが必要になります。病名がはっきりすることで自分を責めることもなくなりますし、軽いうちに対応することで成果も出やすくなります。

最後まで油断は禁物

医療

鬱病かなと思ったら出来るだけ早く病院で適切な治療を受けましょう。病院ではカウンセリングによって患者さんが病気を発症した原因を探り、適切な治療法を決めます。治療の時に患者さんが心がけることは十分な休養です。

自分にあった病院の選び方

看護師

長く通える病院を選ぼう

鬱病は治療に長い時間が必要となります。また、鬱病はメンタル面が原因で発症することが多い病気なので、治療には長い時間と相性の良い病院が必要になります。家族や身近な人間が鬱病になった時、本人が治療に前向きになりやすくなるような病院を選ぶことが重要です。そこで、心療内科や精神科の選び方を述べていきます。まずは注意すべき事項に注目しましょう。最初に、医師に現在の状況や発症する前の経緯を家族や本人は伝えようとします。しかし、家族や本人の話を聞かずに、一方的に診断をくだされたと感じた場合はセカンドオピニオンを検討すべきです。医師が鬱病は精神疾患なので、患者や家族の話を聞かないで診断をくだすようなタイプだと誤診のリスクが高くなります。また、診察の予約が取りづらい、次の予約を取ろうとしたら数ヶ月後などの場合は、転院を考える必要があります。治療途中で状態に変化があった場合に、迅速に対応してもらえない可能性が高いからです。初診が終わり、何度か診察を受けた頃に医師が状態の変化について患者や家族に尋ねないことに気がついたとします。その場合は、医師に状態を尋ねない理由を確認するべきです。鬱病は躁鬱病に変化することもあります。医師は、患者の状態を聞くことで病態が変化していないか確認しないといけません。きちんと患者や家族の話を聞いてくれる、気付いたことはすぐ確認してくれる医師を探しましょう。鬱病の治療法は、投薬が主流になります。それだけに、薬の効果に疑問があれば医者に尋ねなければいけません。それにも関わらず、薬に関しての詳しい説明をせずに必ず飲むことしか言わない、または同じ効果の薬を大量に処方したり、投薬するのみでその効果を確認しなかったりという病院であれば、すぐに医師に確認をするべきです。逆にやたらと薬を増やしたり、変えようとしたりする場合も避けた方が良いでしょう。薬の種類や効果について詳しく説明をし、疑問にもしっかりと答えてくれる医師がほとんどなので、そういう医師が在籍している病院に通うようにしましょう。鬱病の治療は、投薬治療とカウンセリングを併用する方法もあります。投薬治療だけを長々と続けていくだけの病院も、注意する必要があります。では、良い病院はどのような点に注目して探すと良いのでしょうか。まずは、口コミサイトや信頼できる人の紹介で病院を探す方法があります。口コミサイトであれば、実際に対象の病院で治療を受けた経験がある人の声なので、とても参考になります。信頼できる人の紹介の場合は、なんらかの事情でその病院で治療を受けた人や、病院の関係者の話を聞いた上で紹介をすることがほとんどです。そのため、その病院は信頼できると言えます。心療内科や精神科は、ときには経験の浅い医師が開業していることもあります。なるべくは実績豊富な医師に診てもらいたいものです。そこで、ホームページに医師の経歴が記載されているかどうか確認をしてください。経歴が記載されていれば、間違いなく経験のある医師かどうかの判断ができます。最後に、治療には医師との良好な人間関係を築くことが鬱病治療の第一歩になります。これらを参考にして病院を選び、良い医師・病院を見つけましょう。