医師

鬱病の正しい治し方|ゆっくり時間をかければ完治する

  1. ホーム
  2. 放置しないで治療をしよう

放置しないで治療をしよう

聴診器

放置しないで治療をしよう

鬱病は名前ぐらいは知っているという方も多いものですが、具体的にどういった症状が出て、どういった原因でなるのかということはイメージしづらいものです。とくに、気持ちの持ちようで何とかなると考えている方がまだ多いというのが現状です。病気という意識ではなく、自分が気を強く持てばいいのだと考えて、不調が出てもそのまま頑張り続けてしまうこともあります。そういった状況が長く続くと、症状もよりひどくなり、命にかかわる状態になってしまったり、回復するまでに長い時間がかかったりすることもあります。自分の気持ちが弱いせいだ、と自分を責めてしまうことになると、さらに症状を悪化させてしまう恐れもあるのです。周囲に理解を得られないことで、責められ続けて症状が悪化することもあります。周りからすれば、よくわからない理由でだらけているとみられがちな症状でもあるため、察して適切な対応をしろというのは酷なことでもあります。家族や仕事を持っている方は、辛い状況の中で頑張り続け、鬱病をよりひどくしてしまうということもあるのです。周りの人も、病名やどのように対応したら良いかということを知ることができれば、対応の仕方を変えることもできるでしょう。そのためには、異変を感じたらまず病院に行ってみることが必要です。そこで鬱病と診断されれば、自分の中で一つの区切りが生まれます。なんとなく動けないでいて、家庭や社会の中でうまくいかないことが多いという方もいるでしょう。そういった方も、単に怠けているだけではなく病気だったのだ、と思うことで自分自身が解放され、楽になることができるのです。また、診断された後は治療に入ることになります。投薬やカウンセリングなど、必要な治療を受けていくことになり、それにより症状が改善していくことも多くあります。症状が重い状態や、長期間苦しんだ後となると長期間の治療が必要になるということもあります。しかし、軽いうちなら短期間の治療でもよくなる可能性がありますから、早めに診察を受けてみることが必要なのです。自分自身で異変を感じられるぐらいになっている状態では悪化していることも多いので、普通の病気を疑った時と同じように、早めに病院へ行ってみましょう。特にまじめで責任感がある方ほど鬱病になりやすいと言われています。周りの人に迷惑をかけたくないということから頑張り続けてしまうこともあります。しかし、鬱病だということをはっきりさせることで、周りも配慮することができ、状況が改善することもあるのです。ぜひ診察を受けてみましょう。