医師

鬱病の正しい治し方|ゆっくり時間をかければ完治する

  1. ホーム
  2. 調子がおかしいと感じたら

調子がおかしいと感じたら

カウンセリング

早めの受診が大切

人は生活している中で、様々なストレスを受けます。嫌なことのない日のほうが少ないのではないでしょうか。気分の浮き沈みはあっても、そのストレスを乗り越えていけるのが、健康な証拠です。鬱病になると、やる気がおきないといった無気力感があり、物事を全て悲観的に捉えてしまう、といった精神的な症状があらわれます。また、頭痛や倦怠感、不眠などの身体的な症状もあらわれることがあります。最近では、鬱病は気持ちが弱いせいでなる病気ではなく、脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るなど、脳の機能に異常が生じる病気であることがわかってきています。鬱病は生真面目な人がなりやすいという傾向はありますが、性格だけでなる病気ではありません。そのような性格の人は疲れを溜めやすく、そこに何か大きなストレスが加わった場合に、鬱病を発症することが多いということです。鬱病は早期に発見し、症状が軽度のうちに治療を開始すれば、普段通りの生活をしながら、治療を受けられ、完治できる病気です。症状が重くなると、日常生活が送れず、入院しなくてはいけなくなることもあります。鬱病と診断されると、投薬治療が中心となります。投薬治療は、すぐ効果がでるわけではありませんが、長期的にみた場合しっかりとした効果があらわれて、病気を治癒させられる治療法です。以前は、薬の副作用が大きく、治療に伴う苦痛もあったのですが、今では内服薬の改善もみられ、以前に比べると副作用による苦痛は軽減されています。また、投薬治療は医師の指示に従って行うことが重要となります。内服薬は、症状に合わせて種類や量、内服方法などを細かく調整しながら行わなくてはいけません。定期的に受診をし、経過に合わせて服用する治療薬を調整します。身体的な症状だけでなく、精神的な症状も主治医に相談することが重要です。主治医は精神と身体の両方の様子をみて、治療を進めます。症状が落ち着いてきても、注意が必要です。鬱病は再発の多い病気なので、自己判断で内服を終了してはいけません。症状が落ちついても、しばらくは内服を続け、主治医が専門的な視点で観察をして、治療の終了を決定します。鬱病は、症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。症状が重い時期は、仕事や学校を休んで、治療に専念することも必要になってきます。しっかりと休養をとることも、治療の一環となります。鬱病は治るのに一定の期間を必要とする病気なので、気長に治療に取り組むことが必要です。